ベッドで読書しながら寝落ちしてもOK【ライト&タイマー】

illumination 読む
Photo by Luis tosta on Unsplash
この記事は約3分で読めます。
ねこ助
ねこ助

読書中にいつの間にか眠ってしまい、明かりをつけたままで寝てしまう。明かりをつけっぱなしだと睡眠が浅くなるし、電気代もかかるしタイマーで自動で切れてくれたらいいなぁ。

 

ちゅー太郎
ちゅー太郎

あなたに合った方法を探してみよう。

スポンサーリンク

読書しているとウトウト寝てしてしまう、あなたへ

私も頻繁に読書しながら眠ってしまいます。
明かりをつけっぱなしで寝ると電気ももったいないですよね。

 

それに明らかに深く眠れていないように感じます。寝起きが悪くなり、昼間もウトウトしがち。そこで、自動で明かりが消えるようなライトはないかと探してみました。

ベッドサイドランプで明るくする。

1時間のスリープタイマーが付いています。いざというときでも懐中電灯として使えます。

スマホアプリで明るくする。

どちらのアプリにもスリープタイマーがあります。

Android

読書灯 無料

読書灯 無料
開発元:unifar project
posted withアプリーチ

iPhone

LED Light - for iPhone4, 4S, 5 LED フラッシュライト

LED Light – for iPhone4, 4S, 5 LED フラッシュライト
開発元:BLUE WIND
無料
posted withアプリーチ

私はAndroidのタブレットを持っているので、Androidアプリの読書灯を使ってみましたが、タブレットを固定した方が使いやすいです。スマホで使う方はスマホアーム、もしくはスマホスタンドを使って本へ向けてあげると良く照らされて見やすくなります。

 

うつ伏せで読む場合は下方向へスマホを向けないといけない為、下方向へ曲がるスタンドの方がいいです。

クランプで止める場所があればアームもいいですね。

 

 

その他、寝落ちしてしまう方に便利なグッズ

途中で寝てしまうと、いったいどこまで読んだか分からなくなりますよね。めくるだけで、常にブックマークしてくれる素敵な商品です。

コメント

スポンサーリンク
当サイトのおすすめ本

なるべく短く紹介していますので、覗いてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました