Audible(オーディブル)とは?良質な情報をスキマ時間に。

Audible

近頃では 日々の生活は忙しくなるばかりで、本を読む時間など全くないといった方も多いようだ。

そんな方には『Audible(オーディブル)』が大変活躍するだろう。

Audibleを利用すれば、いつでもどこでも本を読むことができるようになる。

そして、得た知識は生活の質を向上させ、効率の良い仕事へと繋がるかもしれない。

そこで本記事ではAudibleについて簡単にまとめていく。

本記事は下記のような人におすすめだ。

PCでの作業が多く、いつも目が血走っている。

毎日の細々とした家事に圧倒されている。

仕事に忙殺され時間が足りなくて困っている。

Audible(オーディブル)とは?

Audible(オーディブル)とはAmazon.com傘下の「Audible, Inc」が制作・配信しているオーディオブック配信サービスを指す。

オーディオブックとは本の朗読音声のことだ。

そして、Audibeではプロのナレーターが朗読している。

そのため、非常に高品質で感情表現豊かな朗読を聴くことができるのだ。

オーディオブックを再生可能な機種はPC、iOS、Androidだ。

それぞれサイト、アプリで楽しむことができる。

料金体系は下記の通り

①未入会:単品購入のみ

②月額会員:1,500円/月 (1冊無料&単品価格30%OFF)
※初回30日の無料体験があり、いつでも退会可。

まずは30日無料体験でどのようなものなのか、試してみると分かりやすい。

公式サイト 【聴く読書】Audible無料体験

Audible(オーディブル)を使うと何が良いのか?

オーディオブックによる学習は本による学習とは一味違うメリットも見受けられる。

下記にそれらのメリットの一部を紹介しておく。

  • 学習時間を大幅に増やすことかできる。
  • ぼーっとしている無駄な時間を限りなく減らす
  • 目を休めつつ本が読める
  • スキマ時間が有用な投資時間となる。
  • 就寝前に明かりを消しても学習可能
  • 通勤中や外回りでの運転中でも聴ける
  • 聴くことで新たなアイデアが生まれやすくなる
  • 家事の最中に知識を得られる
  • 本を持ち歩かなくても良い
  • インプットの時間が40%UP
  • プロのナレーターの朗読のため、記憶に残りやすい。

以上のように、仕事や生活を営む中でのスキマ時間で英語やビジネスなどを学べるだろう。

Audible(オーディブル)では、どんなオーディオブックを選べばいい?

Audibleを試す前に、あらかじめ選ばないほうが良いオーディオブックを伝えておく。

とってもシンプルなので必ず守って欲しいところだ。

難しすぎない内容のオーディオブックを選ぼう

たった、これだけ。

なぜなら、難解な文章の朗読を聴いても、さっぱり頭に入ってこないからだ。

異星人との会話のようで、ちんぷんかんぷんになるだろう。

Audibleのカテゴリ一覧

ビジネス、小説、ラノベ、絵本、洋書などの豊富なジャンルを取り扱い、タイトル数はゆうに5万点以上だ。下記にカテゴリ一覧を挙げておく。

  • 名作文学
  • 現代文学
  • 時代小説
  • ミステリー・ホラー
  • SF・ファンタジー
  • 古典・神話
  • 絵本・児童書
  • 詩歌
  • 自己啓発(生き方・人生・成功法・人間関係・コミュニケーション)
  • ビジネス(マネー・資産運用・マーケティング・セールス・キャリア・マネジメント)
  • ライトノベル・BL・声優
  • 落語・寄席・演芸
  • 語学
  • 学習・教育
  • 科学・テクノロジー
  • 社会・政治

まとめ

この記事では、「Audibleって何?」という方向けにAudibleのついて簡単にまとめてみた。

Audibleについての概要が分かってくれたのであれば喜ばしい。

私もスキマ時間などあれば、その都度耳にイヤホンを突っ込んでオーディオブックを聴いている。

忙しいからといって読書できないわけではないのだ。

少しの時間の積み重ねをまとめると膨大な時間となる。

未来への自分や、未来への家族のための投資」だと思って、小さくはじめてみてはどうだろうか。

初回は30日の無料体験がついてくる。選んだタイトルは解約後も何度でも楽しむことができるので、ぜひともお試しあれ。

公式サイト 【聴く読書】Audible無料体験

Audible
\ みんなにシェアする /
Senk

20代から読書の楽しさに魅了され、時間を割いては活字と触れ合う。人に伝わる文章を生み出す難しさを感じつつ、細々とブログへ書き連ねる。

Chimemo
タイトルとURLをコピーしました