理解したいなら30回、再読せよ。同じ本を何度も読む効果

Read a book while drinking 読む
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

本を1度読み通しただけで満足していませんか?

1度読み通しただけで、全て理解できる人はひと握りしかいません。しかし、多くの人はそのことにも気づかないのです。

時間がないからといった理由で1度しか読まないと言う人もいるでしょう。

しかし、たった1度読んだだけで、その情報を実生活へ落とし込んで使いこなせているでしょうか。 あなたにとって難しい本であればあるほど、再読の効果が指数関数的に上昇するのです。

本の価値を存分に引き出すには30回は読むべし。

研究結果の参考となる一文で、次のようなものがあります。

1年生のゼミでデカルトの 「方法序説」 を30回読み、 理解の程度を1回ごとに記録した。

それによると、 読む回数が増えるほど理解力の平均値は増した。 30回まで上がり続けている。 多くの場合最初の4、 5回でもかなり向上が見られる。

出典繰り返しを中心とした読書方法の学習成果

主観的な理解を向上させるのに30回程度の再読が効果的である、と読み解くことができます。効率を考えるのであれば、4、5回の再読は必要で、たった1回の読書では得られない要素を見落とすことになるでしょう。

つまり、1冊の本の価値を最低限、引き出すには4、5回は読みなさい、ということです。

1000円の本をたった1回読んで1000円分の価値を引き出せてない人がたくさんいる中で、5回読んで1000円以上の価値を引き出せることが可能ならば、大きく差が開くことでしょう。

最初から最後まで読み返すことの重要性。

文章には流れがあります。 土地という土台があってはじめて基礎を作り、その上へ家を建てます。このことを意識せずに、完成された家だけを見ていると、その家が傾いていることにすら気づかないといったことも起こりえるのです。 このことは著者の意見の前提の部分を意識することなく読み進めてしまうことが原因です。

前提を理解しないまま、読み進めると応用することが出来ません。

なぜなら、ある前提の上に成り立っている事柄はその前提が置き換われば、全く違った結果になるからです。

例えば、地面が斜面なのか、平坦なのかを確かめもせずに家を建てるようなものです。斜面であれば、家を建てるよりもみかん畑の方が向いているということにさえ、気づかないといったことになるかもしれません。

分からない小さな範囲を何度も読むのではなく、 資料全体を一度に読み、 それを繰り返す

出典繰り返しを中心とした読書方法の学習成果

本は著者の前提を確かめつつ、全体を読むことが重要なのです。

おわりに

再読することにより今まで以上に理解を深めたり、論理や物事の原因、背景を知るきっかけになり、応用力も身についてくると思います。

1冊を1回読むだけなのは非常にもったいないことです。筆者のそれまで生きた分だけの知識が詰まっているのが本です。

ぜひとも、習慣づけるように努めてほしいと思います。

コメント

スポンサーリンク
当サイトのおすすめ本

なるべく短く紹介していますので、覗いてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました