新型コロナ対策のため、密閉、密集、密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

”読む”とは何であるか?

What is reading読書
Photo by Priscilla du preez on Unsplash
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

”読む”の使い方。

”読む”の使い方として主に2通り考えられる。
1.時代を読むー予測
2.本(文章、文字)を読むー理解
この2つの”読む”において必要な”読む”段階を考えてみた。

”読む”のLv

Lv1 身体上の”読む”
Lv2 意識上の”読む”
Lv3 思考上の”読む”

Lv1 身体上の”読む”

目を通して情報を得る体勢にいること。
触覚を通して情報を得る体勢にいること。(点字)

参考として他の情報取得器官の動詞をあげておく。

  • 耳ー聞く、聴く
  • 鼻ー嗅ぐ
  • 口ー味わう

 

このLv1では、情報を得ることができる体勢だということである。

文章に限らず、この定義では「Aくんの顔色が悪い。」といったことも”読む”に含まれる。

Lv1の段階では、ただそれを見たというだけだ。いわゆる見流している場合。

毎日同じような風景を見ていると次第にこのような状態になってゆくだろう。得るものがたとえあったとしても見逃すようになった、といったことである。

他にも、文字をだだ目で追っているだけのときが無いだろうか。こういったとき、Lv1の状態と言える。

Lv2 意識上の”読む”

意味を理解すること。Lv2から物事を意識して捉える。

”考える”ための材料であり土台となる。

Lv1「Aくんの顔色が悪い」
Lv2…「Aくん、顔色が悪いなぁ」と意識して見る。

この段階で初めて意味を理解する。「誰がどうした」など、なぜ(Why)以外の4W1Hを読み解くことができる。

 

4W1H

  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • だれが(Who)
  • なにを(What)
  • どのように(How)

「Aくん(Who)の顔色が悪い(How)」と当てはめるている。これを理解して初めて次のLvへと移行できる。

Lv3 思考上の”読む”

理解した情報を元になぜ(Why)を仮定する。 このLvからグラデーションのように”考える”ことも含まれてくる。”読む”と”考える”は同時に進行する。

Lv1「Aくんの顔色が悪い」
Lv2…「Aくん、顔色が悪いなぁ」と意識して見る。
Lv3…顔色が悪い=風邪?二日酔い?怪我?悩み?

人の顔色が悪い場合、経験則から体調が良くないのではないか?あるいは悩みがあるのではないか?などと仮定する。「Aくんの顔色が悪い」意味を理解したり、原因を連想する。風邪、二日酔い、あるいは怪我なのかと候補を出してゆく。

まとめ

”読む”というのは、これら3つのLvによって行われているものだと考える。時代を”読む”のにも、文章を”読む”のにも必須であるのが、Lv2とLv3。”読む”とは「意味を理解し、仮定につなげることである」と私は考える。

普段の生活から”読む”ことを習慣にできれば、世の中の見え方は変わってゆくのではないでしょうか。

【30日以上無料】効率よく時間を使える読書サービスBEST3

本の要約サイトflier(フライヤー)

・1冊10分で読める要約形式で時短読書
・毎日1冊、1年間で365冊追加、過去の蔵書が2,100冊以上
・下記リンクなら特別に契約月無料!
・書店に行く必要なし
・月2冊以上、書籍を買うならコスパ◎
・無駄な本を選ばず良書と出会える

フライヤー編集部が実際に読んでオススメする本、著名な経営者やビジネススクールの選んだ本であるため、読みごたえがあり質の高いものばかり。

Amazon Audible(オーディブル)

・スマホアプリやPCで、いつでも聴ける
・どこでも聴ける
・再生速度の調節
・目が疲れても聴ける
・両手が自由に使える

いま30日無料体験に登録すると1冊プレゼント!もしも選んだ本が気に入らなくても無料で交換できます。プロの声優の朗読なので、聞き取りやすく好印象。

Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)

・130万冊以上のKindleコンテンツ
・何度でも読み放題!
・スマホやタブレットでも読める。
・何冊でも持ち運びらくちん
・30日間無料で読み放題!

小説/漫画/ビジネス/実用書/雑誌/洋書など30日では読みきれないほどの書籍が揃っています。書店へ行かずともインターネットでダウンロードするだけで読みはじめることができます。

タイトルとURLをコピーしました