【TED】運を上げる3つの方法と幸せに気づくことは密接に絡み合う

Clover 知的生産のベース
Photo by Quentin Rey on Unsplash
この記事は約3分で読めます。
ねこ助
ねこ助

3…8…1!!お魚一年分宝くじ当たったニャー!!!

ちゅー太郎
ちゅー太郎

おぉ!どれどれ?ねこ助、これ去年の新聞だぞ。

ねこ助
ねこ助

そんニャァ”ァ”ー(泣)

スポンサーリンク

最近、運が悪い…

運が悪いというのは、どういうことなのでしょうか?皆さんが考える運が悪いとは、自分にコントロールできないことの連続のことだと思います。また、その自分にコントロールできないことの多くが人間関係の出来事ではないでしょうか。こう視点に立った時の運を良くする方法を見つけましたので見ていって下さい。

少しのリスクで運を良くする

まずは、こちらのTED動画をどうぞ。所要時間11分です。 日本語字幕もあります。

The little risks you can take to increase your luck | Tina Seelig

運を良くする3つの方法まとめ

  1. 自分の落ち着く領域から出て少しだけリスクを取ること
  2. 感謝の気持ちを伝えること
  3. 悪いアイデアをとらえ直すこと

さて、1つづつ見ていってみましょう。

少しだけリスクをとること

人は自分の落ち着く領域というものを持っています。安全地帯といっても良いかと思います。多少の誤差があったとしても、想定できる範囲の出来事しか起こらない範囲ですね。

1日中家にいれば、宅配業者は来るかもしれませんが、それは想定できる範囲です。反対に、外に出かけたら会いたくない人と偶然、鉢合わせになるといったことがあるかもしれません。この自分が快適ではないリスクのある領域に自ら踏み込むことで、いかに快適な領域が良いものなのかに気づくことでしょう。

谷を知らない人は山を知ることはないと思います。幸せというのもきっと、そんなものでしょう。

感謝の気持ちを伝えること

感謝の気持ちを伝える為には、何について感謝するか気づかなくてはいけません。明石家さんまさんの言葉に”生きてるだけで丸儲け”という言葉があります。この哲学を参考にすると、そこに存在しているだけで何かしらに感謝することはあるはず。ということになります。

そう、感謝することが何なのか気づいていないだけなのです。視点を変えることでどのような出来事も感謝に変えることが出来ます。

鳥の糞が頭に落ちてきた→運が降ってきた。そうだ!宝くじを今すぐ買いに行こう!こんな発想どうでしょうか?視点を変えて感謝を見つけたら、落ち着く領域から一歩踏み出して、感謝してみましょう。

悪いアイデアをとらえ直すこと

動画で紹介された悪いアイデアはひどいものでしたね。ですが、こういったアイデアをより良いものに変える視点が幸せに気づける原点でもあるのです。どのような出来事であろうが、それを運が悪いとするか、その逆かを決めるのはあなたの考え方なのです。

考え方という以上、方法なのです。トマトを切るのにチェンソーを使う人はおそらくいないでしょうが、運が悪いと思っている方は、このようなことをしているのだと思います。ただ、チェンソーを使うのをやめて包丁を使いましょうよ、と私は言いたいのです。

あなたが運が悪いと言うことでうっぷんが晴れるなら止めはしませんが、あなたは幸せを望んでいるのでしょう?考え方を変える、ぜひやってみてくださいね。

おわりに

動画で言われた3つの方法を実際に行動することで運が良くなるでしょう。すぐに効果の出る方法ではないのでがっかりした方もいるのではないかと心配してますが、おまじないや神頼みよりかは現実的であり、いずれ効果を実感できると思います。

コメント

スポンサーリンク
当サイトのおすすめ本

なるべく短く紹介していますので、覗いてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました