MindMapをテキストでバックアップするなら”Coggle”

mindmap 考える
この記事は約3分で読めます。
ねこ助
ねこ助

あれ、あれれ 。

ちゅー太郎
ちゅー太郎

どうかしたか?

ねこ助
ねこ助

MindMapサイトが閉鎖してるニャー!!

ちゅー太郎
ちゅー太郎

もちろん、バックアップ取ってるよな?

ねこ助
ねこ助

あっ!?…せっかく作った美味しいお魚Mapがぁー(泣)

スポンサーリンク

テキストファイルで保存していたい。

時間をかけて作ったマインドマップであっても、ネット上のサービスが終了すれば全て消えてしまいます

たとえ、バックアップを取っていても、そんな時そのサービス特有の拡張子であったりすると、内容が読み取れずに途方に暮れることになりかねません。私はこんなことを考えて、バックアップと言えど、テキストファイルにこだわるのです。

Mindmapサービス”Coggle”

すごく際どいネーミングですが、”Coggle”が今回紹介するオンラインで使用できるMindMapツールです。

登録から使い方

画像もあって分かりやすいので、登録、使い方は以下のリンクからどうぞ。

マインドマップ、みんなで描くなら「coggle」 | Drip 'n' Snip
こんにちは!僕です! 前回は「マインドマップとは!?」について説明をしました。 みなさんマインドマップを描いてみましたか? 僕も今日は紙とペンでマインドマップを書きたいのですが… 今はお昼前の11時、お腹がすいてきて何も考えられないし、手が震えてきました。 これではマインドマップを紙とペンで描くこともできない…! でも...

おすすめする3つの理由

さて、本題に入ります。なぜ私がCoggleをおすすめするのか。

プレーンテキストでバックアップをダウンロードできる。

テキストファイルのメリットはデータサイズが小さいこと、あらゆるデジタル機器で閲覧可能であることです。

データサイズが小さければ、大量のファイルがあったとしても、データの移動、複製があっという間にできるでしょう。また、PC、タブレット、スマートフォンなどあらゆる機器で閲覧できるでしょう。Simplenoteにバックアップを置いておくのもおすすめです。

【ツール】圧倒的サクサク感のエディタが”Simplenote”だ
文章を書く上で私が重要視しているのがサクサク感と復元機能です。文章を書く上でもっさりしたエディタはイライラを募らせ書くやる気を阻害します。

バックアップファイルをドラッグ&ドロップで簡単に復元可能。

テキストファイルでバックアップし、Map表示で見たい場合、そのバックアップファイルをMap画面にドラッグ&ドロップすれば、自動で取り込まれ、閲覧することができます。

テキストで作ったファイルもCoggleに取り込める。

テキストファイルでアウトラインを作った場合も階層をインデントすることで、さきほどと同じようにドラッグ&ドロップで閲覧することが出来ます。

全体像を視覚的に見たい場合や、ざっくり書いたあと階層の整理をする場合に非常に便利です。 これら3つの理由からCoggleをおすすめします。

デメリット

ですが、本当のことを言うとデメリットもあります。それは、Coggleは3つのMapしかプライベートで使えない点です。無料で使う場合、3つ以上のMapは公開され、他人に検索されてしまうのです。

デメリットを打ち消す方法

このデメリットを打ち消すのにバックアップが役立ちます。プライベートのMapを3つにとどめて、新しいMapが必要になったら、一旦、ローカルにバックアップをとり、新しいプライベートMapを作るのです。

また先ほどのMapが必要になった場合、バックアップしていたファイルをドラッグ&ドロップで開くのです。この場合も、テキストファイルでバックアップを取っていれば、データサイズの節約にもなります。

そのままテキストファイルでも開けますしね。 ドラッグ&ドロップで開くファイルだと思えば、そこまで負担がかかる作業では無いのではないでしょうか。

おわりに

今回はCoggleのおすすめの理由を書きました。私のような使い方をする人が多くはないでしょうが、役立つ人がいると思いますので。ぜひ使ってみて下さい。

コメント

スポンサーリンク
当サイトのおすすめ本

なるべく短く紹介していますので、覗いてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました