新型コロナ対策のため、密閉、密集、密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

【ツール】圧倒的サクサク感のエディタが”Simplenote”だ

Simplenote文章
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ツール選びの重要性

書くと一口で言っても、鉛筆+ノートで書く人、スマートフォンで入力する人、PCでキーボード入力と様々です。いろいろ試してみてそれでも使うツールは意外とシンプルなものだったりします。

機能が多すぎても全ては使いこなせませんし、なにより機能の多いツールは動きがもっさりすることが多々あります。自分の必要最低限の機能が備わっているツールがあなたにとっての最適なツールだと思います。

ですので、参考までに私の使っているツールを紹介したいと思います。あなたにも合っていると感じたら、使ってみて下さい。

Simplenote

私の文章作成はこのSimplenoteというツールのみで行っております。PC版、アプリ版と揃っております。下記よりどうぞ。

Simplenote
Download for iOS Download for Android Download for macOS Download for Windows Download for Linux

Simplenoteはクラウドのテキストエディタです。名の通り、SimpleでTextしか打ち込めません。

アンカーリンクを指定すれば画像も表示させることができます。それでは、機能をご覧ください。

Simplenoteの機能

  • 圧倒的なサクサク感
  • 文字数チェック可
  • Markdown対応
  • 自動保存
  • 以前のデータへの復元
  • 爆速同期でマルチデバイス対応
  • Tag付可
  • Tag検索
  • 文字検索
  • バックアップを簡単ダウンロード
  • リンクによる一般公開

書き出してみると思いのほかありますね。個人的に気に入っている機能を解説していきます。

圧倒的なサクサク感

正直、Simplenoteを使って文字入力がもたついたことはありません。まあ実際、標準装備されているテキストエディタでもサクサク感はあるかもしれません。

ですが、そういった標準のものはサクサク感のみで+αの機能がないことが多々あります。ですから、このサクサク感は最低限の機能、土台と言ったところでしょうか。

自動保存+以前のデータへの復元

また、標準装備のテキストエディタと比較しますが、PCの場合は手動で保存しなければなりません。また、以前のデータへの復元機能も無いでしょう。自分が書いている途中の文章がまるまる無くなってしまうというのは悲しみを通り越して唖然とします。

そんなとき、復元機能があれば、元通り戻すことができます。何度かこの機能で助けられました。

バックアップを簡単ダウンロード

私がデジタルデータに懐疑的なのか、データの保護に視点が行きがちですね。ですが、こちらも大事だと思います。確かにバックアップをダウンロードできるツールもあるにはあるんですがSimplenoteの素晴らしい点はダウンロードしたファイルがTextファイルだということです。正確にはZipファイルですが。

Textファイルの良い点はどんなデジタル機器にも読み込ませることができることです。私はこのSimplenoteのサービスが終了してほしくはありません。ですが、こういったインターネット上のあらゆるツールというのは、いつサービスが終了してしまうか分かりません。急に明日アクセスできなくなることも、ありえないわけではありません。

ですが、もしサービスが終了してもTextファイルであれば、閲覧することができます。もちろん、こまめにバックアップするに越したことはありません。

爆速同期でマルチデバイス対応

Simplenoteのデータは先ほど言ったようにTextファイルです。ですので、同期が素晴らしく速い。

PCでパパっとキーボード打ち込み、ゴロンとなってスマホで添削といった具合に使い分けることができます。個人的にスマホのネットワークではEvernote等サービスの同期は遅く感じます

また、同期が速いことは次のようなときでも有用です。

  • 急な停電
  • バッテリー切れ
  • 水没

大事なデータを守るのは、クラウドで爆速同期してくれるSimplenoteだからこそだと私は考えます。

ブロガーにやさしいMarkdown機能&文字数チェック

このブログはワードプレスで構成されていますが、Markdown記入と文字数チェックはかかせません。Simplenoteに限りませんがブログを書くなら、ほとんどの方がこの2つの機能の恩恵を受けていると思います。

まあ、このあたりのことは他のサイトさまにゆだねるとして…以上です。

おわりに

いろいろと書き連ねてきましたが、はじめに言ったように自分に合っているかどうかが肝心だとおもいます。一度試してみて、あの機能が欲しいとかいろいろ不足な部分が出てくると思います。

私はツールというものは多機能過ぎると、逆に不便さが出てくるものだと考えています。バランスが大事です。自分に合った書くツールを皆さんも探してみて欲しいと思います。それでは。

【30日以上無料】効率よく時間を使える読書サービスBEST3

本の要約サイトflier(フライヤー)

・1冊10分で読める要約形式で時短読書
・毎日1冊、1年間で365冊追加
・過去の蔵書が2,100冊以上
・下記リンクなら特別に契約月無料!
・書店に行く必要なし
・月2冊以上、書籍を買うならコスパ◎
・無駄な本を選ばず良書と出会える

フライヤー編集部が実際に読んでオススメする本、著名な経営者やビジネススクールの選んだ本であるため、読みごたえがあり質の高いものばかり。

Amazon Audible(オーディブル)

・スマホアプリやPCで、いつでも聴ける
・どこでも聴ける
・再生速度の調節
・目が疲れても聴ける
・両手が自由に使える

30日無料体験に登録すると1冊プレゼント!もしも選んだ本が気に入らなくても無料で交換できます。プロの声優の朗読なので、聞き取りやすく好印象。

Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)

・130万冊以上のKindleコンテンツ
・何度でも読み放題!
・スマホやタブレットでも読める。
・何冊でも持ち運びらくちん
・30日間無料で読み放題!

小説/漫画/ビジネス/実用書/雑誌/洋書など30日では読みきれないほどの書籍が揃っています。書店へ行かずともインターネットでダウンロードするだけですぐに読みはじめることができます。

タイトルとURLをコピーしました